2011年05月30日

汗と手汗、温熱性発汗と精神性発汗


森潤平の手汗症改善マニュアルの詳細は、
こちらから





tease1.JPG




本来、汗というのは体の体温調節を行う上で、

人間には必要不可欠なものであることは

ご存じの通りです。


人間の体は、激しい運動をして体温が高く

なった際には、汗を出して体温を下げ、一定の

温度を維持しようと働いてくれます。


このような体温調節をしてくれている汗の

ことを「温熱性発汗」と言うのですが、

これはあなたが思い悩んでいる汗では

ありません。


まさに、あなたが思い悩む汗、それは

「精神性発汗」と言います。


これは、人が恐怖を感じたり過度なストレスを

感じたり、また緊張した時に出る汗のことです。


ここであなたは思うかも知れません。

でも、部屋でリラックスしている時にも

汗が出るんだけど・・・。


その通りです。

通常の人とは違い、手汗をかく人の大半は、

緊張や恐怖を感じる場面ではなくても、

それと同様か、それ以上の汗をかいて

しまいます。


実は、それは自律神経が大きな原因となって

いるのです。


自律神経は、身体の様々な器官に命令を

送りますがその自律神経が、間違った命令を

出してしまっているために、必要のない

場面でも手汗をかいてしまうのです。


これがひどくなると、「自律神経失調症」と

いう病気に発展してしまい、あがり症、赤面症、

どもり、そしてそれがもっとひどくなって

しまうと、「社会不安障害」という病気に

なってしまいます。


「社会不安障害」の主な症状としては、

対人恐怖症、うつ病、パニック障害などが

あげられます。


手汗くらいで・・・。なんて思っているのは、

大きな間違いです。


なぜならそれは「社会不安障害」の立派な

予備軍でもあるのです。


今のうちに、きちんとした治療法で自律神経

を改善させなければ症状は悪化するばかりです。


しかし、幸いなことに、まだ手汗で悩んで

おられる程度でしたら、比較的簡単に改善

させることができます。


森潤平の手汗症改善マニュアルの詳細は、
こちらから






森潤平の手汗、手の多汗症を寝る前治療する 手汗症改善マニュアル 方法 口コミでは、手汗が出る理由を知り、ある方法で手汗をグングン減らし、改善した手汗の症状が二度と出ない、94,3%の人がその効果を実感している方法、口コミなどの情報を公開しているブログです。





手汗解消!小森正裕の手汗治療 手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法 口コミ


久保田式多汗症改善7日プログラム 口コミ


手足やわきの多汗症対策 手術のいらない荒井一男の完全治療マニュアル 口コミ
ラベル:手汗 自律神経
posted by 手汗の悩み at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗と手汗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。